関西医療大学

FACULTY
/GRADUATE SCHOOL
学部・大学院
教員紹介
Photo
教授・附属図書館長
王 財源
おう ざいげん

鍼灸の業界にも美容ブームが到来した。
以前はあまり関心が寄せられなかったが、最近は多くの学校で鍼灸美容が行われている。歴代中国の王朝では、宮殿の美女たちが皇帝よりの寵愛を受けたいとの願いより、「美」に対するこだわりが高かったことは言うまでもない。
その結果、多くの「美」へのこだわりが中国宮廷美容学の誕生を迎えた。さらにそこには道家の養生学を中心とした丹田修練法、薬物などの不老長寿の方法が載っている。
とくに道家は不老不死を願い、いつまでも若い肉体を保ち続けたいという一心から、不老不死となる外薬の生成にまで研究を重ねた。本来、東洋の「美」の原点は体内よりのほとばしるような輝きであり、身心の調和、「形」(肉体)と「神」(精神)の合一であった。
西洋の美の巨匠、レオナルド・ダ・ビンチは「君は気づかないのであろうか!青春の輝く美しさは、凝りすぎた装飾のために、かえってその素晴らしさを失ってしまうことに(後藤淳一訳『レオナルド・ダ・ビンチ』創元社)」と、若い女性にメッセージを残している。
「美」への探求には洋の東西はない。東洋医学には生命をみつめるという哲学思想を基盤に、全人的に体を観察するため、現代医学とは異なった点が多い。
当然ながら異文化圏の伝統的な医療や、哲学的思想を含めた理解のためには一定の時間も必要である。
学生諸氏は4年間という歳月をかけて、じっくりと焦らずに地道な努力を重ねてもらいたい。

担当科目(学部)

東洋医学各論I、東洋医学各論II、鍼灸治療所実習I、古典講読から学ぶ鍼灸配穴I(鍼灸美容学)

出身校

大阪府立大学大学院 人間社会学研究科 人間科学専攻 博士後期課程修了

学 位

学士(鍼灸学)  修士(中国学)  博士(人間科学)

取得資格

鍼灸師免許

専門分野(相談可能な分野)

・中国伝統医学(中医学)
・美容と東洋医学
・鍼灸学
・中国哲学
・統合医療
・中国語(北京語)

現在の研究テーマ

・「美」の東洋哲学的探求-鍼灸医学からの遡及的考察-
・美容と東洋医学-人間美と健康美の原点について-
・鍼灸美容学-研究・臨床・教育からの多角的研究-
・『黄帝内経』と『老子』との関係性についての文献的研究
・「気」の養生観を再考する-養生と養形からのアプローチ-
・経絡現象の客観的試み

研究のキーワード

・中医学
・中国哲学
・鍼灸学
・統合医療

在内研究(国内留学、国内共同研究など)

・大阪府立大学 客員研究員
・京都大学 人文学研究所(共同研究テーマ:伝統医療文化の多角的研究)

在外研究

・1982年 広州中医学院(現.広州中医薬大学)省中医病院留学 指導教授 劉炳権氏
・1983年 上海中医学院(現.上海中医薬大学)曙光病院留学 指導教授 王世恵女史

所属学会

(社)全日本鍼灸学会、(社)日本東洋医学会、日本良導絡自律神経学会、日本中医学会

社会活動など

学会等における委員としての活動(学会名および役職)
・(社)日本東洋医学会研究機関連絡協議会 常任理事
・日本良導絡自律神経学会 常任理事
・(公)全日本鍼灸学会 近畿支部学術委員
・(社)日本中医学会理事

学術雑誌の編集委員および審査委員としての活動
・東洋医学とペインクリニック 編集委員

受賞など

白求恩(べチューン)医科大学麻酔学教室客員副教授(現、吉林大学) 1992~

オフィスアワー

木曜日

主な研究業績

【主な著書】
・『実践・鍼灸美容学』(改題)医歯薬出版(株)2019年8月
・『わかりやすい臨床中医実践弁証トレーニング』 第2版 医歯薬出版(株)、2018年2月
・『わかりやすい臨床中医診断学』第2版 医歯薬出版(株)、2016年6月
・『わかりやすい臨床中医臓腑学』第3版 医歯薬出版(株)、2013年1月
・『入門・目でみる臨床中医診断学』 医歯薬出版㈱、2009年3月
・『美容と東洋医学』(株)静風社、2017年11月

【分担執筆】
・『鍼灸美容学』 静風社、2016
・『特殊鍼 灸テキスト』 医歯薬出版(株)、2014
・『図解・鍼灸療法技術ガイドⅠ』 文光堂、2012
・『危険経穴の断面解剖アトラス』 医歯薬出版(株)、2011
・『鍼灸師のための健康美容鍼灸』 BABジャパン、2011
・『美容鍼灸の実践』DVD版 医道の日本、2007
・『美容と鍼灸』 医道の日本社、2006
・『痛みのマネジメント(11.鍼灸編心因性疼痛)』 医歯薬出版(株)、2005
・『国際統合医療元年(中国の中医の現状)』 (株)日本医療企画、2004
・『疾患別治療大百科シリーズ6アレルギー編(アトピー性皮膚炎に効く穴)』 医道の日本社、2002
・『疾患別治療大百科シリーズ5耳鼻咽喉科編(中医学による鼻・喉の疾患治療)』 医道の日本社、2001

【共訳書】
・『中国刺絡療法』(東洋学術出版社)1999など、その他論文多数。

【論文】
・「脱毛症に対する東西両医学的考察ー『黄帝内経』と毛髪との関係性についてー」関西医療大学紀要、Vol.11,2017年12月
・「中国古代《美》意識ににみえる鍼灸美容の検討」関西医療大学紀要、Vol.8,2014年12月
・「中国伝統医学における皮膚美容の文献的検討―『黄帝内経』にみえる鍼灸美容―」日本東洋医学雑誌、Vol.65,No.2, 2014年4月
・「七表八裏九道脈における数(數)脈の検討」関西医療大学紀要、Vol.7,2013年12月
・「鍼灸美容にみえる《美》意識についての考察」全日本鍼灸学会誌63巻2号,2013年5月
・(修士論文)「気」による養生観について―六朝時代を中心に―
・(博士論文)「気」の養生思想の研究―鍼灸美容における身体美の原点―  など、その他論文多数