関西医療大学

FACULTY
/GRADUATE SCHOOL
学部・大学院
教員紹介
Photo
准教授
木村 研一
きむら けんいち

鍼灸が様々な疾患や症状に効果があることは昔からよく知られているのですが、現在、科学的な方法で効果やメカニズムを検証することが必要とされています。担当している「はりきゅう理論」という科目では鍼灸が何故、効果があるのかということについて勉強します。皆さんには鍼灸が何故、効果があるのかということに興味や疑問を持って勉強に取り組んで欲しいと思います。熊取の地で勉強だけでなく有意義な大学生活をおくってください。

担当科目(学部)

はりきゅう理論Ⅰ, Ⅱ、英語表現法Ⅱ、現代鍼灸学、鍼灸治療実習(神経系)、鍼灸治療実習Ⅰ、導入教育、総合演習(はり灸・スポーツトレーナー学科)

担当科目(大学院)

特別研究、臨床鍼灸学研究方法論、臨床鍼灸学特論講義

研究指導内容(大学院)

鍼灸刺激が血流や自律神経機能に及ぼす影響について

出身校

明治鍼灸大学大学院修士課程、和歌山県立医科大学大学院医学研究科

学 位

鍼灸学修士、医学博士

取得資格

鍼灸師

専門分野(相談可能な分野)

・鍼灸医学
・自律機能生理学

現在の研究テーマ

・鍼刺激が筋交感神経活動と血圧に及ぼす影響について
・本態性高血圧症に対する鍼治療の血圧に及ぼす効果と作用機序について

研究のキーワード

・鍼灸
・血圧
・筋交感神経活動
・筋酸素動態
・心拍変動解析

在内研究(国内留学、国内共同研究など)

2007年~ 和歌山県立医科大学リハビリテーション科 博士研究員

在外研究

2005~2006年 テキサス大学サウスウェスタン・メディカルセンター留学

所属学会

日本自律神経学会、全日本鍼灸学会、日本東洋医学会

社会活動など

・日本自律神経学会評議員 H29年度~
・全日本鍼灸学会諮問委員 H24年度~
・全日本鍼灸学会編集委員 H25年度~

オフィスアワー

火曜日(午後)

主な研究業績

【著書】
・王財源編:鍼灸治療が末梢循環に及ぼす影響(分担).鍼灸美容学.静風社.106-117.2016
・高木久代、木村研一、西村甲、高木健:東洋医学で英語を学ぶ. 医歯薬出版.2013
・木村研一:循環器.内科.(分担).「統合医療を推進するための日本伝統医学の標準化」研究班 日本伝統医学テキスト鍼灸編.198-200.2012
・矢野忠編:循環機能に及ぼす鍼灸刺激作用―四肢末梢循環に及ぼす作用、臓器血流に及ぼす作用―(分担).図解鍼灸療法技術ガイドⅠ. 文光堂.2012
・森英俊、佐々木和郎編:鍼灸の効果―人体における自律神経系に及ぼす作用―(分担).鍼灸基礎実習ノート.医歯薬出版.47-88.2009

【論文】
・Kimura K, Ishida K, Takahashi N, Toge Y, Tajima F:Effects of acupuncture at the ST-36 point on muscle sympathetic nerve activity and blood pressure in normal adults. Autonomic Neuroscience: Basic and Clinical, 208, 131-6, 2017
・Ishida K, Nakamura T, Kimura K, Kanno N, Takahashi N, Kamijo Y, Tajima F:Suppression of activation of muscle sympathetic nerve during non-noxious local cooling after the end of local cooling in normal adults. Eur J Appl Physiol, 116, 851-8, 2016
・Wingo JE. Low DA, Keller DM, Kimura K, Crandall CG:Combined facial heating and inhalation of hot air do not alter thermoeffector responses in humans. Am J Physiol Regul Integr Comp Physiol, 309, 623-7.2015
・Kimura K, Ryujin T, Uno M, Wakayama I:The effect of electro-acupuncture with different frequencies on muscle oxygenation in humans. Evidence based Complementary and Alternative Medicine, 2015:620785. doi: 10.1155/2015/620785.
・Kitagawa K. Kimura K. Yoshida S:Spectral analysis of heart rate variability during trigger point acupuncture. Acupuncture in Med,32, 273-80. 2014
・Kimura K. Takeuchi H. Yuri K. Wakayama I:Effects of nitric oxide synthase inhibition on cutaneous vasodilation in response to acupuncture stimulation in humans. Acupuncture in Med, 31,74-80. 2013
・Kimura K. Takeuchi H. Yuri K. Wakayama I:Nitric oxide synthase inhibition attenuate cutaneous vasodilation during warm moxibustion-like thermal stimulation in humans. J Altern Comp Med, 18, 965-70. 2012
・Takahashi N. Nakamura T. Kanno N. Kimura K. Toge Y. Lee KH. Tajima F:Local heat application to the leg reduces muscle sympathetic nerve activity in human. Eur J Appl Physiol, 111, 2203-11,2011
・Kimura K. Low DA. Keller DM. Davis SL. Crandall CG:Cutaneous blood flow and sweat rate responses to exogenous administration of acetylcholine and methacholine. J Appl Physiol, 102, 1856-61, 2007
・Kimura K. Masuda K. Wakayama I:Changes in skin blood flow and skin sympathetic nerve activity in response to manual acupuncture stimulation in humans. Am J Chin Med, 34, 189-96. 2006
・木村研一、米田裕和、今井賢治:鍼刺激による心拍変動スペクトル解析の変化と起立負荷による影響. 自律神経 41(3), 365-72. 2004
・野村和教、筒井俊二、高見正成、木村研一、玉置哲也:神経反復刺激後の複合筋活動電位と運動単位活動電位の変化について. 臨床神経生理学 31(6), 469-74. 2003
・木村研一、筒井俊二、玉置哲也:微小神経電図法による反射性皮膚交感神経活動のバースト波形の性質とhabituationについて. 臨床神経生理学 30 (6), 425-33. 2002

科学研究費など学会の研究費の獲得状況

・科学研究費補助金 若手研究(B):平成21年~22年「鍼刺激による皮膚血管拡張反応の機序について―マイクロダイアリシス法による検討―」
・科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究代表者:平成24年~26年「鍼刺激が下肢血流に及ぼす影響と筋交感神経活動の役割に関する研究」
・国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)研究分担者:平成27年「伝統的物理療法の基盤となる有益な生体反応の科学的理解と評価法の確立」
・科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究代表者:平成29年~31年「本態性高血圧症に対する鍼治療の血圧に及ぼす効果と作用機序に関する研究」