関西医療大学

FACULTY
/GRADUATE SCHOOL
教員ブログ

はり灸・スポーツトレーナー学科 鍋田理恵

 こんにちは。夏休みをどのように過ごしましたか?夏休みには沢山の大学がオープンキャンパスを開催していましたが、皆さんは行きましたか?
高校1年生の皆さんの中には、学校から夏休みの間に1校は大学のオープンキャンパスに行くこと、と宿題を出された人もいるでしょう。高校に入学してから初めての長期休暇。ついこの前、高校受験が終わったばかりで大学受験なんてまだまだ先のこと。友達と遊んだり、部活動やアルバイトなどをしたり、勉強以外の活動が中心の生活を過ごした人も多いのでないでしょうか?
高校2年生の皆さんはどうでしょうか?1年生の時とあまり変わらない夏休みを過ごした人もいれば、将来のことを少し考えるようになって、3年生の時には受験勉強で時間に余裕がなくなるので今のうちにオープンキャンパスに参加しよう、と行動した人もいると思います。
高校3年生の皆さんはどう過ごしましたか?本格的に進路を決めなければいけない時期になってきていますが、3年生になるとオープンキャンパスの参加理由が明確に分かれます。
①まだまだ方向性も決まらなくて漠然と参加してみた人
②候補が決まりつつあって最終的に絞り込むために参加した人
③明確に進路が決まっていて最終確認のために参加した人です。
夏休みの時点では②の分類に入る人が多い気がします。やはり心配なのは①の分類に入る人なのですが、この中でも進路が決まらず焦っている人もいれば、焦っているのは親や学校の先生たちで本人は至ってマイペースの人もいます。

 さて、皆さんは何を基準に進路を決めているのでしょうか?周りの人に薦められたからとか、今の成績でいけるところで、なんて安易な気持ちで考えていませんか?色々な意見を聞くことは大切なことですが、最終的には自分でしっかりと考えて決めて下さい。そして短期目標(入学したら)、中期目標(在学中)、長期目標(卒業後)の計画を立ててみてください。具体的でなくても良いのです。目標があればそれを実現するにはどうしたら良いのかと逆算して考え、行動することができるのです。
その目標の中に、本学での学生生活を思い描いた人が多いことを願っています。
写真は本学科のオープンキャンパスでの鍼灸体験企画で、自分のツボを確認している様子です。