関西医療大学

FACULTY
/GRADUATE SCHOOL
教員ブログ

2月になると、寒さが益々厳しくなり、立春とは名ばかりが例年であるが、今年は暖冬で、スキー場を心配する声が起きている。ここ数日、ようやく関西にも寒波が訪れてきており、冬の寒さを感じている。

さて、我が娘は、2月中旬に学校の行事で、4泊5日のスキー合宿に出かける。スキーが初めての彼女は、先輩から何を準備していけば良いか指南してもらい、たくさんの超極暖シリーズを入手した。何より楽しみにしているのは、レクレーションで行う出しものである。それは、ニューヨークヤンキースの田中投手も推している「ももクロ」のダンスだという。朝練をして上下色付きのジャージを揃えての熱の入れようである。

このスキー合宿を楽しむために、UNOを家族で日夜練習に励んでおり、団欒の時間も増えた。UNOは、学生時代に熱中していた記憶があり、懐かしい。我が家は何かにつけて、娘中心であるが、娘を通して、初めてのこともあり、懐かしい思い出に浸れるときもある。なにわともあれ、今は親バカ全開で楽しむことにしている。

皆さんも初めてのことも懐かしいことも楽しんでみてください。立場が変われば、いろいろな発見もあります。

作業療法学科 大歳太郎