関西医療大学

FACULTY
/GRADUATE SCHOOL
教員ブログ

皆さんもご存知のように新型コロナウイルスの影響によって、教育現場には大きな変化がありました。
それは関西医療大学も同様です。学生の登校が叶わない中で、一定の教育の質を担保するべく、学生および保護者の方々のご協力を頂いて、何とかオンライン授業を開始することが出来ました。
今回は、従来の教育方法を強制的に見直さざる得ない状況でした。もちろん、人との接触を要する実技科目などは従来の対面授業が必要ですが、科目によっては、オフラインとオンラインを組み合わせすることが学習効果および時間的にも効率的であるとも実感したので、今後の教育に生かすべきだと思います。
また、コロナ禍において私自身も様々な変化に対応することが求められました。
思い返せば、人が成長する時の多くは、変化に対応しようと行動した時だと思います。
フレッシュな学生に負けないように、自分も変化に対応するとともに、変化を楽しんでいこうと思います。

作業療法学科
藤井啓介