先輩の声を見る

学生インタビュー

東洋医療も身につけた
看護師になるのが夢。

医療の道を目指すようになったきっかけは?

進路を考え始めた高校2年生の頃、母の勧めを受けて医療の道を意識するようになりました。親戚や母の知人の看護師さんからお話を聞く中で、「看護師は忙しく責任重大な仕事だけど、その分やりがいが大きい」という印象を受け魅力を感じました。幅広い年代の人と関わる仕事がしたいという思いも相まって、看護師を目指すようになりました。

関西医療大学を選んだ決め手は?

関西医療大学は西洋医療に加えて、はり灸や漢方薬などの東洋医療の教育にも力を入れています。ツボ刺激やアロマテラピーのような補完・代替療法についても学ぶことができ、質の高い看護師を目指せることに興味を持ちました。また、看護師・保健師・助産師国家試験の合格率がとても高く、ここでならレベルの高い学びができそうだと感じたことが決め手になりました。

学科や学年を越えた交流が
刺激になっています。

関西医療大学の魅力は?

新入生歓迎会や立食パーティーのような学内での交流イベント、豊富なサークル活動を通じて、学科や学年の壁を越えた友人をつくりやすいところです。他学科の先輩や友人は保健看護学科の自分とは異なる専門知識や考え方を持っているので、苦手科目の勉強を教わったり、話していて刺激を受けたりすることも多いです。

印象に残っている授業は?

2年次の「看護過程論」です。その人らしい生活を支援するためにどのような看護を展開していくかを、何度もグループワークを行いながら考えるという経験ができ、とても難しいけれど頑張りがいのある授業でした。
また、「小児看護学実習」では、言葉でコミュニケーションをとれない子どもを受け持つ機会がありました。その子の抱えている病気や障害について勉強しながら、どんな接し方をしたら笑顔になってくれるかを常に考えてました。実習最終日には、臨床指導看護師の方から、子どもと良い関係性を築けていたと評価していただけてとてもうれしかったです。

将来の夢や目標は?

患者さん一人ひとりの個性を理解した上で、その方に寄り添った看護を提供できる看護師になりたいです。実習でたくさんの患者さんに出会いましたが、遠慮してしまう方や精神的に不安定な方などさまざまな心理状態の方がいらっしゃるので、症状だけではなく幅広い視野で患者さんの状態を把握して接することが大切だと学びました。
将来的には、特に興味を持っているがん看護分野の専門・認定看護師として患者さんをサポートできる看護師を目指していきたいです。

教えて先輩!

国試対策のコツは?

4年次になると国家試験対策講座があったり、国家試験対策アドバイザーの先生に相談したりできるのでとても心強いです。模試で間違えた箇所などは「レビューブック」という看護学生向けの参考書に付箋を貼って目立たせるようにして、自分の弱点がひと目でわかるように工夫しています。

関西医療大学の就職支援って?

関西医療大学はキャリア支援の取り組みに積極的な大学だと思います。私は3年次の実習先だった大阪急性期・総合医療センターで大きな感銘を受けたのを機に、自分がやりたい看護とは何かと深く考えるようになりました。キャリア支援課の方だけでなく先生方にも親身に相談に乗っていただけたおかげで、大阪急性期・総合医療センターに就職することができました。

MESSAGE

関西医療大学では、学科は違えど学生全員が医療人を目指して日々頑張っているので、大学全体に一体感があります。しかも、ここで出会った先輩や先生方は、とても気さくで親身になって応援してくれる方ばかりなので、着実に夢に向かって歩みを進めているんだという実感があります。みなさんにも、ぜひこの雰囲気の良さや楽しいキャンパスライフを楽しんでいただきたいです。

学内おすすめ
スポット

ラーニングコモンズ

2018年春に完成したばかりなのできれいで快適です。友人と一緒に勉強したり、Wi-Fiが完備されているので通信速度を気にせずパソコンやタブレットを使用したりもできます。