先輩の声を見る

学生インタビュー

柔道整復師として
ケガで悩む選手を助けたい。

医療の道を目指すようになったきっかけは?

高校水泳部のOBに関西医療大学のヘルスプロモーション整復学科に通っている先輩がいて、ケガの相談をしたところ、本学附属の接骨院を紹介してくれました。そこで適切な処置を受けられたおかげで、目標としていた大会に無事出場することができました。このときに柔道整復師という仕事を知り、自分もスポーツをする人を助ける存在になりたいと思うようになりました。

関西医療大学を選んだ決め手は?

自宅から通いやすい立地と、OBの先輩から話を聞いていたことがあって親しみがありました。近畿圏では柔道整復師の資格取得を目指せる大学自体が少なく、その中でも関西医療大学が最も魅力的に感じました。オープンキャンパスで、ヘルスプロモーション整復学科とはり灸・スポーツトレーナー学科の両方を見学・体験し、それぞれの特徴や取得可能な資格について説明を受けた上で、私は急性期の患者さんへの応急処置に関心があったので、ヘルスプロモーション整復学科を受験しました。

トレーニング方法だけでなく意味までしっかり学べる!

関西医療大学の魅力は?

運動教室のスタッフとして地域の高齢者や子どもたちと交流できるなど、さまざまな角度から学びを深められる講義・実習が多いのが魅力です。ヘルスプロモーション(健康増進)に力を入れている学科は珍しく、他大学ではあまり学べない領域をしっかりと教わることができるのは、関西医療大学ならではの強みだと思います。

印象に残っている授業は?

1年次の「アスレティックトレーナー概論」、2年次の「スポーツトレーニング論」「スポーツコーチング論」です。スポーツ選手の心理や、ケガの特徴、トレーニングの意味や方法について学ぶことができ、とても勉強になりました。

将来の夢や目標は?

柔道整復師としてスポーツに携わっていきたいです。急性期外傷を主に扱う柔道整復師は、スポーツの現場には欠かせない職種です。ケガなどで悩んでいるスポーツ選手に寄り添い、身体本来の可能性を引き出せるような柔道整復師を目指しています。

MESSAGE

柔道整復師は、「ケガで悩んでいる人を整復したい」「スポーツトレーナーになりたい」「介護の仕事に就きたい」など、さまざまな夢を叶えられる医療資格です。関西医療大学で一緒に学んで、健康増進のプロフェッショナルを目指しましょう。

学内おすすめ
スポット

グラウンド

人工芝で動きやすいです。
毎年ここで行われる学科・学年別対抗の球技大会のソフトボール大会、
来年こそは優勝を狙っています!